日常日記(Akemi's Room) | TOP > スッキリした~
2018.04.14 (土)

スッキリした~

かかりつけクリニックで甲状腺の薬などをもらっている。

前に右手の指の痺れと痛みで整骨院でアロマのハンドをしてもらったりしてたが
指には効果がなかった。
腕の腫れの時は効果があったんだけどね。腕はリンパの流れを良くしたら良かったんだろうけど、
指は違ったのかなぁ。

去年、かかりつけのクリニックで、いつもの薬をもらいに診察の時
(血圧を測るだけだけど)指の痛みと痺れの話をしたら、
院内にある半導体レーザーをサービスだからしたらと言われしてみた。

こんなので治るのかな?と思いつつレーザーをあてた。

翌日から、あの指の痛み・痺れが治まった。

次の月のクリニックで、あれって効果がありますね。と話したら
サービスでしてるから、今日もあてて帰ったらいいと言われしていた。
腰にもあてていた。

レーザーは電源は看護師が入れるけど、あとはセルフ。

医師は、週に何回か来てしていったら良いと言っていた。

金額も380円ぐらいなものだしとも言っていた。

でも、月一の薬をもらいに行く時しかしてなかった。
この時は、別で料金がかからない。


12月に月初めに薬をもらい、この時もレーザーをした。

そして、忙しくなりまた指が痛み出したので、レーザーだけをあてに行った。

医師の診察もなしで、レーザーは看護師が電源を入れ、あとは自分でする。

会計で、1,050円

エッ?前に先生が言っていた金額と違う。高いなぁ。と思いつつ払った。

明細には、再診料(125点)と医学管理等(225点)がついていた。

再診料は分かる。

でも、医学管理はおかしいのでは?

甲状腺は特定疾患管理料225点が月に2回つけられる事になっているが、
今回は、医師の診察なし、特定疾患で行っていない。

ネットで調べてみた。

やっぱりおかしい。


その後は、月一以外ではいかないようにした。

でも、先月末の肩と腕のあのすごい痛みの時、整骨院にも行ったが
レーザーをしたらと思いクリニックに行った。

やはり医学管理料を取られている。もちろん診察もしていない。

で、受付で医学管理料の所を指さし、これっておかしくない?って聞いてみた。

すると、月2回取れるです!ってきつい口調で言われた。

それは知ってます。でも、今日は診察もしていないし、レーザーだけですよ。

って言ったけど、2回取れるんです!とまたもやきつい口調。

でも、って言うと、先生に説明してもらいます!と素早く先生の所に行った。

先生が来た。状況を説明。

先生が前の時、後で見て1,050円で高いと思ったんやけど・・・
前に380円ぐらいと言ったけど違うらしいんや。って言うと

僕は、その辺の事は分からんのや。って言う。

受付の奴が、取れるんです!2回取れるんです!と強い口調。

いや、ネットとかで調べて見たら違うようなんだけどと言うと

ネット~、これや!ネットなんて本当の事なんてない。と馬鹿にした口調でいいやがった。

先生の診察もなしで?って言っても、取れるんです!

厚生労働省で決まってるんです!2回取れるんです!取らなくていいなんで書いてないです!
と分厚い本の特定疾患管理料のページを見せる。

(ネットで同じようなページあって、読み進んだら取れないのではと思ったから聞いたんだけどね)


風邪で来ても取れるの?って追加で聞いて見た。

取れます!ってきつい口調でまた言う。

なんなら他の医療機関で聞いてもらってもかまいません!ってまでいいやがった。


先生は、600いくらか返金してあげたらいい。(特定疾患管理料225点は、670円)
僕が380円ぐらいって言ったからととりなそうとした。

取れるんです!!っとまた言い続ける窓口。

もう一人の窓口の人も、小さい声で取れます。って言ったもんだから

こいつは、ほら取れると言ってるでしょ!って鬼の首を取ったように言う。

マスクをしているけど、目つきはすごかった。


私は、別にお金を返せとか言ってるのではない。つけれるのかどうかの疑問を言っただけ!

その日もレーザーだけだけど、特定疾患管理料も払って帰った。

あの言い方、上から目線、ネットで調べた事を馬鹿にした態度で頭に来ていた。

その後もネットで調べて見た。

喘息で特定疾患になっている人が、風邪で咳止めが出た場合、関連する事で取れたりする。

慢性胃炎で特定疾患になっている人が、風邪薬と一緒に胃薬が出た場合、
関連するということで取れたりする。

この辺りは医師が関連するかどうかの判断次第のようだ。

特定疾患管理がついている人が風邪を引いて同じ病院に行って関連するとして
特定疾患管理料を取ると、別の病院で新規で行った方が安くなると言う現象が起こる。
なので医師によっては取らない場合があるようだ。

特定疾患と関連付けれる場合は取られる。


私の場合、今回の騒動(?)は特定疾患とはまったく関係ない指の痛み。
医師の診察なし(特定疾患の管理・指導)


厚生労働省のページを見たら、医療に関するご相談がある方へ(医療安全支援センター)
があり、リンク先をたどって行き、近畿医療安全相談窓口を見つけた。

昨日、細胞診の結果を聞く為に会社を休んだので電話をした。

今回のケースは取れないと思いますが、別の所で相談してみた方がとなり

その番号を教えてくれた。


近畿厚生局指導監査課。電話をした。

いろいろ状況やいろいろ確認した。

要約すると

まず、診察なしでは取れない。
主病(甲状腺)と関係ないので取れない。

風邪の場合も聞いてみた。(風邪だけで別の日に行った場合)

風邪だけだと特定疾患のに当てはまらない。
主病(甲状腺)からの風邪ではない場合、取れない。
医師が甲状腺からの風邪だと言う場合は取れるが
普通は甲状腺からの風邪は関連するとは思えないから取れないと思う。

窓口の人が、取れると言うのはおかしい。
医師が言う事であり、窓口がいいきるのはおかしい。

やっぱりね。私は間違ってなかった。


で、今日、いつもの薬をもらいにクリニックへ。

先生に、近畿厚生局指導監査課で聞いた事を言った。

先生は、僕は380円で出来ると言ったけど、あっち(窓口)には伝わってなかった。

僕は、その辺(保険点数)の事がよく分からないから、あっちにまかせきりにしてた。

僕が悪い。と言った。

いや、先生が悪いのではなく、あっちが悪いんです。

えらそうに、厚生労働省で決まってる、他の医療機関に聞いてもらってもいい。

などと言うから。

自分がまったく間違ってないとばかりにえらそうに言うのがおかしい。

特定疾患管理料の書かれているページは、捉え方によっては違ったりするのに!

先生は、僕が全てあっちに任せてたのが悪い。申し訳ないとまた言う。

電子カルテになるときで、いろいろややこしい時期だったから。と言うが

それとこれは関係ないのになぁ。

いや、私は先生が悪いとは思ってない。

あっちの人の認識不足、えらそうに言った事に対して、あっちの人に謝って欲しいと言った。

あの言い方、態度が頭に来たから、言うように厚生労働局に聞いた。

ここまでするつもりもなかったのに。

単に疑問を聞いただけなのに。

私が風邪だけで来ても、先生は特定疾患を取らないですね?って確認した。

だって関連するからと言って取られるのなら、風邪の場合、他の病院に

行った方が安いんだものね。

先生は取らないと言った。

(前は取られていたけどね。月2回取れるの認識で)

一通り言ってから診察。

最近なんて血圧を測るだけだったのに、今回の主病どうのこうのと言ったせいか

ノド元の触診もされた。

そうだよなぁ。主病(甲状腺)の管理・指導だと血圧なんてほとんど関係ないもん。

そして診察が終わって受付へ。


先生はカルテを受付に渡し、問題の受付の奴を診察室に呼んだ。

しばらくして、こいつが私の所に来て、申し訳ございませんでした。

これからも間違いやなど指摘してご指導ください。勉強させてください。と言う。

ハッ?

聞いたら、えらそうに間違いないと言うのに?

また、なになになんです!って言われるかもしれないのに?

って言ってやった。

先生が来て、まあまあって感じで私をなだめる。

でも、この間の返金はなかったけどね(笑)

はぁ~、スッキリした。

この2週間、頭の隅っこに、あの言い方、態度にムカつきを覚えて過ごして来たんだもん。

私を怒らせるなよ! 私に喧嘩をふっかけるなよ!


しかし、ネットでも特定疾患管理料で疑問に思っている人が多い。

患者だけでなく、窓口(医療事務)の人も疑問で質問していたりしていた。

特定疾患の人は月2回取れる。って言う部分だけで取れるものとしている病院が多い。

ちゃんと読めば取れない場合もあるのにね。

まあ、ちゃんと読む人はいないよなぁ。

その病院が悪いのか、窓口(医療事務)が悪いのか?


スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する