日常日記 | TOP > 脳動脈瘤
2010.08.14 (土)

脳動脈瘤

7月31日に、健康診断の結果をかかりつけの医師に連絡しに行った。
この時に私の甲状腺の検査をし、後日、結果を聞きに行くと
また数値が上がっていて、また薬を再開。
この時に、いつも出してもらっている鎮痛剤のロキソニンも出して
欲しいと言うと、一度、脳も検査した方がいいと言われた。
でも、脳ドッグは高いもん。って言うと紹介状を書こうか?って
言うことで書いてもらった。
まあ、なんともないだろうけど検査して悪い事はないからと先生は言った。
父親が脳腫瘍だったので、心配事を減らした方がいいものね。

7日から夏休みになったので、月曜日に紹介状を書いてもらった病院へ。
13日にMRIの予約に。

結果は

脳腫瘍はない。
頭痛の原因となるものがない。
ここまでで、ホッとしたのだが

未破裂脳動脈瘤が発見されました。

大きさは3mmぐらいらしい。
それより小さい物も3~4個あるとか。

くも膜下出血を起こす確立は1%
1%だから起こさないとは限らず、突然破裂する事もあるとか。
破裂するとくも膜下出血で死亡に至る。
助かっても重度の後遺症が出る。

高齢だと(70才以上)手術はあまり薦めないとか。

私の場合は、まだ若いから(若くはないけど)手術をした方が
いいと言う。
先生にもよるが、年齢的に考えて手術を勧める場合が殆どらしい。
脳神経学会のガイドラインでも手術を勧めるらしい。

さて、どうするかと聞かれた。

全て確率の問題で、破裂するかしないかは神様だけが分かると言われた。

どうしたらいいんだろう。
手術となると2週間は入院になる。
猫の世話の問題。
仕事の問題。

猫の世話はペットシッターさんとかに頼めばいいかもしれない。
でも、チィが心配だしなぁ。

手術が怖い。
ネットの猫仲間さんのご主人が脳ドックで5mmぐらいの脳動脈瘤が
見つかり手術を勧められてした結果、大きな後遺症が残った。

こんな事があったら、仕事も猫の世話も出来なくなる。
兄をまったく頼れない私は・・・

しかし、破裂したら・・・
死んでしまったら、猫の事だけが心配。
後遺症が残ったら、これまた生活などの面が・・・

手術費用も困るんだよなぁ。

いろいろな事を思うと即答できなかった。

5mm以上だと手術を完全に勧めるが、3mmぐらいの場合は微妙らしい。

手術をしないつもりなら、それはそれでいい。
破裂するかどうかは神様が知るのみ。と言われた。
これ以上は、何も出来ないのでって言われた。
破裂する確率が年1%として、80歳まで生きることとして
1%×残りの年数。
70歳になると手術しない方向性になる。
確率の問題。
神のみ知る。

こんなことを言われた。

今はまだ手術をせず、大きくなってるか定期的に検査をするのもいいと。
その間に破裂しる場合もあるけどって。

悩む。

数ヵ月後に検査する方を選んだ。
単に、悩みを先送りしたかっただけ。

でも、先生は手術をする意思があると判断したようで、
数ヶ月後にMRIを撮るにしても、MRIは画質があまりよくないので
(今日、撮った分も少しボヤ~っとしていた)
造影剤を使ってCTを撮り大きさの確定や形状を診た方がいいから
造影剤撮影をしましょうと言う。

この結果、形状が悪かったり、予想より大きかったら
絶対に手術になるんだろうなぁ。

でも・・・

どうすりゃいいんだ。

病気関係の番組で芸能人がMRI撮影した結果、動脈瘤がいくつか
みつかっている人がいたけど、手術をした話も聞かないけど・・・

くも膜下出血で倒れるのが怖い。
手術が怖い。
後遺症が怖い。

で、14日(今日)造影剤撮影をした。

(この続きは明日にでも)



スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://akeminyan.blog59.fc2.com/tb.php/314-f64e0802