日常日記 | TOP > チィを病院へ
2011.07.15 (金)

チィを病院へ

今朝、何か良く寝た気がして目が覚めた。
何時?と思って時計を見てビックリ~
9時

寝坊も寝坊。

目覚ましのセットをし忘れていたようだ。

あぁ~あ、やっちまったぜ。とノロノロ起きた。

昨日は一日中、体がだるくてしんどかった。
今朝起きてもだるい。
おまけに頭痛もしてきた。

午後から出社しようかと思ったけど、休んでしまえと
同僚の携帯にメールを送った。

ロキソニンを飲んで、だるいなぁ~と思いながら座ったまま。

すると変な音が聞こえる。

床をするような音がする。

何だ?と思って音がする方を見て、ビックリ。

チィが歩いてきていたんだけど、右手が甲の方が床になっていて
その手の甲を床に着いたまま引きずるように歩いていた。

チィ1

最近は、手の甲が床に着けている事があったけど、歩く時はそんな事なかった。

手首が折れた?
でも痛そうじゃないし、私が触っても痛がらない。

麻痺してるのか?

どうしよう。と思いながらも缶詰?って顔をして待っているチィに缶詰の用意。

チィ2

私が寝ている間に、この間よりも上の方に舐め過ぎてかハゲて赤くなってる。

病院に連れて行っても何もする事も出来る事もないはずだし…

何も出来ないのにストレスを与えるのは…

でも…

確か、明日の午後から火曜日まで病院は休みになるのだったのでは?と思い
HPを見たらやっぱり休みになる。

何も出来ないだろうけど、何が起こってるのかもはっきりしたい。
あのとき行けばよかったと思うよりと病院へ。

診察台に乗せた時も、診察中も手の甲で座っている。
先生が手を強く抑えてもチィは手を引っ込めるわけでもなく平然とした顔。
後ろ足を押さえた時は足を引っ込めた。

痺れているような感じで感覚がないのかも。って

手が横向きになったり、時には手の甲が床に着いたまま座っているときに
私は痺れて感覚がないのかとか思っていたけど、先生も同じ事を言った。

人が正座をして足が痺れた時に無理に歩くと感覚が麻痺して
引きずるようになる。
あんな感じでは?って思うんだけど違うかなぁ。

体の触診で、首や脇からお腹のリンパ節にも腫瘍が…
腕の付け根から周りに転移し、神経を圧迫して痺れた感じになってるかも。って

腕の付け根なんて私の握りこぶしより大きいんだもんなぁ。

腕の舐めすぎは、違和感というか痺れから舐めすぎてるのかもと、
私が前の時に思った事と同じ見解。

痒みから来ていたら、ステロイドの塗り薬を塗るんだけど、
痒みではないし、ステロイドは皮膚が薄くなり皮膚が破ける可能性があるし
意味がないので、このまま何もしない方がいいと言う事に。

腫瘍の転移が胸の所にまで来ているかとか調べるためにレントゲンを
撮ることになった。

今の所、肺などには転移していないけど、気になる箇所が数箇所。
胸水はないけど、今後はどうなるか分からない。

胸水が貯まった時は抜いて呼吸を楽にしてあげるとかになる。
そして、胸のところに抗がん剤を入れて胸水の貯まりを遅くしたりとかになる。

手の甲が曲がったままでベッドに上り下りしていて骨が折れるって事が
ないか聞いてみた。

骨がもろくなっている場合はあるけど、多分大丈夫だろう。って

あとどれぐらい(余命)でしょう?って聞くと

腫瘍が更に大きくなって肺を圧迫したり、胸水が貯まったりすると…
考えながら1~2ヶ月が山じゃないかと

しかし、半年も頑張ってくれているのが…

それも1月の時の体重と殆ど変わってないし…(今日の体重は6.2キロ)

(不思議と言うか凄いって感じの話し方)

骨へ転移していない事が幸いしている。
でなければ、痛みで…

体重が減っていないけど、腫瘍の重さとかでは?って聞いたら

それもあるけど、腫瘍の重さは100~200gぐらいだから
それを引いても…

本来(腫瘍の部分を指差しながら)、ここにエネルギーをとられて
体重が減り、肉がどんどん落ちていく。らしい

先生も苦痛もなく過ごせるといいですねって。
そう、もう治療もなにも出来ないんだもん。
苦痛だけなければと願うだけ。

痺れ・麻痺と言え、手の甲を床にして引きずるように歩いている姿が
切ないよぉ~


スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://akeminyan.blog59.fc2.com/tb.php/387-139749df