日常日記 | TOP > 手と手を合わせて
2011.08.18 (木)

手と手を合わせて

チィが元気だった頃、私がバンザイのように両手を上に上げて寝ていたら
手の平に自分の手を乗せてくれていた。

手の平だけでなく、体が乗っている時もあったけど(笑)

手の平に手を乗せて来ると、私は「手と手を合わせて幸せ~」ってチィに言っていた。

もうこれをしてくれなくなっていた。

深夜、ふっと私がこれをしたくなって、チィの手の下に
私の手の平を持って行って「手を手を合わせて幸せ~」って言った。

チィ1

銀のスプーンの缶詰をお皿に入れてチィに食べさせようと持って行ったら
体を少し起こして自分で少し食べてくれた。

チィ2

体を起こしていても、段々、寝転がってしまう。
体を起こすのには力と体力がいるから、これが今のチィには辛い。
なので、両手が塞がっている私は足でチィの体を後ろから支える。

異常な程にお水を飲む。
何度も何度も飲む。
先の日記にも書いたけど、どんどん体が熱くなってる。

軽く撫でても唸る。
顔と左前足を撫でても怒らないので、顔や左前足を撫でる。

トイレに連れて行こうと抱きかかえようとすると、
唸る(ウ~、ヴ~)だけでなく、ウギャギャ~と言う。


スポンサーサイト