日常日記 | TOP > ヒヨコ
2013.05.25 (土)

ヒヨコ

テレビを見ていたら、寝室にいたナツがタッタッタ~と走って来て
ベランダの扉の前に行き外を気にした。

何かを探すように外をキョロキョロと落ち着きなく見る。

立ち上がってまで必死に何かを探している。

何だ、何だ? どうした?と思いながらナツを見ていたら、
今度はナツはテレビの方を気にしだした。

気になる

ナツが寝室から慌てて来て、気にしていた物が何か分かった。

この時、しむら動物園を見ていて、ヒヨコがピーピー鳴いていた。

どうやらナツはヒヨコの鳴き声に反応したようだ。

テレビに映っているヒヨコには気が付いていない。

声がするところを探してテレビの裏に回ったり、また外を見たり。

しかし、ヒヨコの声に反応とはねぇ。


私、また膀胱炎になってしまった(泣)

木曜日の夜に、少し変だヤバイかなって思っていたんだけど、
昨日の朝から、トイレに何度も行く。

会社についてから30分毎ぐらいに行く。

お昼前になると、トイレから出た瞬間から、もう漏れそうなぐらいの感覚。

でも、出ない。

漏れそうな位の感覚なのに出ないのは辛い。

堪えれないない。

もうトイレから出たくないぐらい。

完全に膀胱炎だ。

すぐに帰って病院に行きたかったけど、1時30分から打ち合わせがあるから
帰れない。

変な汗まで出てくる。

別に私が出なくてもいい内容の打ち合わせだったら出ずに帰る所だけど、
出ないと駄目な内容の打ち合わせだから帰れない。

話なんて聞いたり答えたりなんて無理じゃないか。

しかし、打ち合わせの最中、漏れそうなぐらいの感覚は治まってくれていた。

助かったぁ。

打ち合わせが終わって、4時前に帰った。

前に行った家の近所の病院へ。

抗生剤(フロモックス剤)を貰った。

クラリス剤は、前に皮膚科と内科で風邪の時にもらった分が家にあるんだけど、
これだと膀胱炎に効かないのかなぁ。

木曜日の変な感じになった時にクラリスを飲んだんだけど、翌日は飲まなかったせいで
効かないと思ったのか?

少しだけ検索したら、抗生剤でも系統があるようだ。

フロモックス剤は
セフェム系の抗生物質で、細菌の細胞壁合成を阻害することにより抗菌作用を示します。
通常、皮膚科領域、外科領域、呼吸器、尿路、産婦人科領域、眼科領域、耳鼻科領域、
歯科・口腔外科領域など広い範囲の感染症の治療に使用されます。

クラリス剤は
マクロライド系の抗生物質で、細菌などの蛋白合成を阻害して増殖を抑えることにより抗菌作用を示します。
通常、呼吸器感染症、耳鼻科領域感染症、皮膚科領域感染症など広い範囲の感染症の
治療に用いられます。

来週、また泌尿器課に行くから聞いてみようかな。

私の膀胱炎の原因は、私が思うにはエアコン。
冷房が入る季節によくなってるんだもの。

会社は既に冷房が入っていて、木曜日は私は足元が冷えて辛かったんだよなぁ。

スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する