日常日記(Akemi's Room) | TOP > 真夜中の恐怖
2013.06.07 (金)

真夜中の恐怖

日付が変わって今日の深夜1時30分頃、資料に目を通していたら、
カタカタと音が聞こえて来た。

何の音?

ベランダ扉に挟んでいるパネルを揺らす音だ。

エッ、泥棒?

怖いのとで固まってしまった。

カーテンで隠れているパネルの方を恐々見る。

カーテン越しだけど、ナツがパネルをよじ登っているのが見えた。

犯人は ↓

犯人

こりゃ~! ナツ!って言うと降りて来た。

ベランダ扉の半分まで登ってた。

マジで怖かったんだぞ~!

深夜の周りが静まり返っている時に、カタカタ言うんだもの。

いくら5階だと言っても、不審な人がベランダから入って来ない保障なんてないんだもの。

まったくもぉ~~。


カタカタの音でベランダのパネルとすぐに分かったのは、
毎朝、ベランダを開けて網戸に防犯鍵をして、パネルを挟んでから、
パネルが外れないか、前後に揺らしてチェックするときに聞いているから。

もうよじ登る事がないだろうと思っていたけど、今回、改めて油断出来ないと思った。


スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する