日常日記 | TOP > また逢えた
2013.07.22 (月)

また逢えた

一昨日の深夜に引き続き、昨日の昼寝の時にもニャンズが夢に出て来た。

今回は、5ニャン全員ではなかったけど…

リビングにキムとタクがいた。

私がドアを開けてリビングに入ろうとしたら、後ろから誰か(猫)が入ろうとする。

キムがいるから、他の子を入れる事は出来ない。

ドアを閉めながら、入ったらあかん。

キムがいるから あかん。

それでも、ググッと押して入ろうとする猫。

チィだった。

チィは、キムに襲われ噛まれて血が出て怖い思いをしている。

なので、余計にキムがいる部屋に入れることは出来ない。

なのに、チィは入ろうとドアの隙間に身体を入れてグイグイと必死。

チィ、知らんで~と言いながらも、キムの行動を見張りながら
チィを部屋に。

キムは寝転がったまま。

そのキムにチィが近づいた。

キムがチィの顔にかぶりついた。

ほら、もう。こらぁ~~。

でも、チィは生前の時のようにパニックにはならず、別の所に移動。

チィは、精神的に強くなったのかなぁ。って思っている私。

物いれのドアが開いていて、下から2段目にタクが入って行った。

一番下にチィも入ろうとしている。

上にタクがいるんだけど、気にもしない。

一番下は、物がいっぱい入っていて、隙間が僅かしかない。

チィ、入れないよ。

隙間が狭すぎるよ~。

でも、チィは潜り込もうと必死。

可愛いね、チィ。


一昨日の夢で、チィを一番いっぱい撫で、あのプニョプニョの身体の
感触を夢だけど感じた。

昨日の夢では、リビングに入ろうとグイグイ押してくる感触を
これまた夢だけど感じた。

共に懐かしい感触だった。

しかし、部屋を一緒にしてはいけないと焦る私は、夢でも焦るのね(笑)

部屋を分け、時間で入れ替えてって生活を本当によくしてたよなぁ。


この間から、ときどき誰かを感じる事があった。

寝る前に、ベッドに座ってテレビを見るのが私の日常。

この時に、ナツと遊びまくる。

遊んでしばらくすると、ナツはリビングの方に行く。

少ししたら、ベッドに上がって来た感触(気配)があった。

(感覚(気配)は、猫が上がって来たり、歩くと、その重さが伝わる)

ナツが上がって来たと見るといない。

気のせいだったのかと思いながらテレビを見続けた。

でも、確実に上がって来た感じだったのになぁ。

今度は、私の後ろを歩く気配がする。

後ろを歩いて枕元のヒンヤリマットの方に歩いていく気配。

ナツかと、振り返るがいない。

寝ようと横になった時も、ベッドに上がって来た気配があった。

やはりナツではない。

こういうのが、度々あった。

誰だろう?と考えた。

重さ的な感覚だと、チィかタクって感じなんだけど、
ミャーかモモか?
キムだけは、チィがまだいたから、寝室で一緒に寝る事はなかったけど、
キムの可能性もあるなぁ。って思っていた。

その後も感じた時は、ミャーちゃん? チィちゃん?
モモちゃん? キムくん? タクくん?って言っていた。

でも、何となくチィのような気がしていた。

私がテレビを見ていたら、ベッドに上がって来て、
トコトコ歩いてヒンヤリ倶楽部や猫ベッドを置いている場所に行って
寝てたから。

この二日間の夢で、一番チィの印象が強かったし、
やっぱりこの間からベッドに来ていたのはチィだと思う。

こんな感じで私の枕元で寝てるのかなぁ。

チィ1

チィ2

モモと一緒に寝てるのかなぁ。

チィ&モモ

だから、ナツは最近、枕元の所に来ないのかなぁ。

今日の夢には、母親が出て来た。

ニャンズ、母と出て来るなんて、まだお盆には早いのになぁ(笑)


スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する