日常日記 | TOP > 信じられない大幅な賃下げ
2014.04.22 (火)

信じられない大幅な賃下げ

3月20日付けで会社を辞めた。

3月21日付けで派遣会社から派遣。

職場は同じ所(P社)で同じ仕事をしている。

前の会社は特定労働者派遣事業として、今の職場に派遣(出向)。

給料は定額だけど残業代はなし。

ボーナスは、まじ寸志。これはボーナスとは言わない。

これもない時がある。

去年、法案で特定派遣を来年の春を目途に廃止する案が出た。

法案が通ると一般労働者派遣事業の許可がないと派遣出来ない。

特定派遣事業は届出制だから許可はすぐにおりる。

前の会社が一般労働者派遣事業の許可を取る事は不可能。

資本金などの問題で絶対に無理。

となると、現在の職場にはいけない。

社内には仕事がない。

その上、会社自体がかなり危ない状態で、いつバンザイするか

分からない状態。

4月の給料を減給すると言い出した。

世間は賃上げしてるのに、賃下げだって。

それも1万、2万の話ではない。

5万円も減額。

交通費の2万円もなし。

健康保険、年金などの金額は給料によって違う。

1円でも超えるとかなり金額がかわるので、

会社として少しでもこういうお金を出したくないから、

基本給には入れずに別で諸経費として2万円を

所得として表に出ない方法でくれていたのが、

これもなしだと。

合計9万円も減額。

はぁ~?

会社がさらに厳しい状態になったら、さらに下げるかもしれないと言う。

はぁ~?


安部総理よ、こういう人もいるんだよ!

賃上げじゃなく、賃下げ、それも半端ない賃下げだよ!


私は、派遣(出向)で、時給で派遣先に請求していて、

私自身の年間の売り上げ(派遣先への請求)と

私への年間支給額を引いてもマイナスになった事はない。

社長や社内の人件費が高すぎるだよ!

会社に仕事がこなければ、その人件費や維持費で

赤字になるんだよ!

休業(?)助成金を受けたりしたくせに。

違法なこと(支給給料詐称、うそ休業助成金需給)をしてたくせに。

いつ潰れるか分からない、法案次第ではさらに私の身の振り方が。

私がいる職場は、ほとんどが派遣社員。

編集チームは全員派遣。

それも同じ派遣会社(P社の関連)(一人だけ別の派遣会社だけど)

去年の秋に、その派遣会社は請負部門を設立。

編集チームだけ、その派遣会社の請負部門となり、

派遣社員は、派遣会社からその請負部門へ派遣と言う事になった。

変な形だけど、これには色々事情があっての事。

私は、前の会社からこの請負部門に特定派遣として派遣と言う事に。

で、請負会社との更新月に、その派遣会社の派遣社員(登録)に。

そりゃ年収はダウン。交通費も出ないけどね。

でも、前の会社のダウンした給料(固定)の年収と派遣との

年収を単純に計算したら派遣の方が上。

上でも、今までよりはかなりダウンだけど、前の会社にそのまま

いても前に書いた通りだしで移籍。

前も世間の同年代より、かなり低い年収がさらに少なくなって

もうどうすりゃいいんだ状態。

でも、本来なら会社を辞めて派遣となった場合、

その派遣会社でのスタート時給になる所、同じ職場(P社)での

更新となっているので、スタート時給じゃないのがまだ良かった。


極貧生活なりぃ(泣)

ナツがダンボールで寝るようになったのは、

もしかして私がそんな生活になるかもしれないと思い

予行演習してるのかしら?(笑)

ナツには、そんな生活させないよ。

お母さんはしてもね。

スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する