日常日記 | TOP > 泣いてばかり
2015.08.15 (土)

泣いてばかり

この休みの間、何回泣いただろう。

戦後70年で戦時中の特集をあちらこちらで放送している。

どれもこれも、見ていて涙がポロポロ流れる。

昔から私が一番泣いてしまうのは特攻隊の話。

特攻兵達の写真が映る度に涙が出る。

まだ幼い顔。この任務が死ぬ事なのに
笑顔で写真に写っている。

どうしてあんな笑顔が出来るんだ。

出陣の映像で手を振って飛び立つ姿なんてもう
とても辛い。

70年と言う事なのか、どの番組も今までより映像が多い。

アメリカが撮影した映像が多い。

悲惨な状況がよく分かる。

硫黄島、インパール、ペリリュー島。

アメリカ軍の人数、日本軍の人数。

圧倒的にアメリカ軍の人数が多い。

倍近い人数、物資の違いなのに、
日本軍は簡単に倒される事がなかった。

あんな状況で・・・

アメリカが撮影したものが多いので、
どういう攻撃をしたかわかる。

洞窟を火炎放射器で、手榴弾(?)を投げ込んで爆破。

もう止めてと思う。

硫黄島の何キロにもおよぶ洞窟を手作業で掘るのは
どんな大変だっただろうか。

その洞窟に慰霊で入っている人達は、凄い汗が出ている。
そんな洞窟で当時の人達は必死に闘っていた。

これは硫黄島だけではない。

インパール、ペリリュー島でもそうだ。

飢え、喉の渇き、いろいろ考えるだけで本当にあの人達は・・・

涙がポロポロ。

特攻前の音声もあった。

この後、出陣したと思うとポロポロ。

ある人が幼い子供に宛てた手紙は、
今まで見た中で違っていた。

すべてカタカナで、そして赤ちゃん言葉で書かれていた。
この人は、こういう風に幼子に話しかけていたんだと・・・
その時代、赤ちゃん言葉で話しかけるとは思っていなかったから
これには驚いた。
人柄が出ている。
この人の胸の内を思いポロポロ。

無茶苦茶な戦い。
何であんな戦争をしたんだ。

アジア諸国で生き残った人達は、あの地獄の中頑張った。
現在、80代後半の人達。
兵隊に言っていない女性も大変だった。
この人達は、戦後も復興、発展で頑張り続けた。
この年代の人達の苦労は半端ではない。
なので、大切にして欲しい。
電車では席を譲り、歩く速度が遅くても
邪魔扱いしないで欲しい。

沖縄、アジアの激戦地帯に遊びに行く人は、
そういう場所に足を運び、慰霊して欲しい。

お水をあげて欲しい、甘い物を供えて欲しい。

スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する